失敗しない医療機器の買取セオリー・機器の種類や業者情報

Medical equipment

手が届かない場所には低周波治療器

低周波治療器を使うことで肩こりや腰の疲れを取ることが出来ます。また、体に電気を流し筋肉を収縮したり緩ませることで筋肉のポンプ作用を促し血液の流れを改善してくれます。体の血流が良くなることで必要な酸素や栄養が体の隅まで届けられ疲労の原因物質、老廃物を体外に排出することが出来ます。さらに家庭用電気マッサージ器と異なり低周波治療器は手が届かない場所に使えます。
一般的な低周波治療器は各モードが用意され「もみ」や「叩き」、「さすり」、「押し」などのタイプに合わせお好みの刺激を筋肉に与えることが出来ます。なので筋肉のこり以外に神経痛、衰弱した筋肉の回復などにも利用されています。その為に関節の周りの筋肉に刺激を与え、膝を強化したり痛みを緩和させたりすることが可能です。
他にも低周波治療器は病気やけがなどで引き起こされた後遺症改善にも利用されています。通常の筋トレと組み合わせて使うことでより効果的に使用できます。
低周波治療器のデメリットとして長時間使用することが出来ず、筋肉の奥まで動かすことが出来ません。慢性的なコリや筋肉痛、神経痛の場合は専門機関にご相談することが重要です。低周波治療器は気軽にご家庭で使用することが出来ますが、メリットとデメリットを把握して使用しましょう。

ニュース一覧

2017年10月04日
病院に行かないと見るのが無理な医療機器を更新。
2017年10月04日
家庭でも見かけやすい医療機器の種類を更新。
2017年10月04日
産科にある医療機器についてを更新。
2017年10月04日
手が届かない場所には低周波治療器を更新。